松田技研工業株式会社

環境に配慮し、環境に優しい酸化マグネシウム系固化材の専門企業

事例紹介 / Example

磯部第三小学校整備工事(千葉市教育委員会)
  • ・施工規模
    • 200㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • グラウンドの浸食防止及び飛散防止 グラウンド砂使用 耕耘機 8%
兵庫県加西メガソーラー(民間)
  • ・施工規模
    • 23000㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • 防草工事 現地土使用 バックホー 8%
山之内西瓜緑地整備工事(鎌倉市)
  • ・施工規模
    • 250㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • 現地土を使用した園路工事 バックホー 10%
某ソーラーメーカー防草試験施工(茨城県)
  • ・施工規模
    • 100㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • 防草工事 現地土 人力 8%
大牟田市グリーンランド試験施工(民間)
  • ・施工規模
    • 100㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • グラウンド脇防草 人力 グラウンド砂使用 添加量8%
京急建設路線脇防草工事(民間)
  • ・施工規模
    • 600㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • 防草工事 近隣購入土使用 バックホー 10%
横須賀市河川課試験施工
  • ・施工規模
    • 54㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • 遊休地防草 近隣購入土使用 バックホー 8%
江東区猿江恩賜公園(江東区)
  • ・施工規模
    • 600㎡
  • ・使用資材
    • ジオロック
  • ・施工内容
    • 防草工事 真砂土使用 バックホー 12%
工場跡地 高濃度複合汚染土の不溶化
  • ・施工規模
    • 対象土量=12000m³
  • ・使用資材
    • エコアース
  • ・施工内容
    • 室内配合実験結果では、エコアース100kg/m³で不溶化目標を達成したが、現場混合における添加むら・攪拌むらを考慮し、現場添加量は安全側の150kg/m³とした。
    • 施工機械は、自走式地上混合機とした。
    • 処理した土壌は、溶出量が目標値を達成してることを確認した後、管理型処分場へ搬出した。
工場跡地 複合汚染土の不溶化・埋め戻し
  • ・施工規模
    • 対象土量=550m³
  • ・使用資材
    • エコアース
  • 室内配合実験結果では、エコアース60kg/m³で不溶化目標を達成したが、現場混合における添加むら・攪拌むらを考慮し、現場添加量は安全側の80kg/m³とした。
  • 施工機械は混合性を高めるため、自走式地上混合機×2連とした。
  • 処理した土壌は、溶出量が目標値(土壌環境基準)を達成していることを確認した後、原位置に埋め戻し・覆土措置を行った。
シールド掘削土 自然由来汚染土(砒素)の不溶化
  • ・施工規模
    • 対象土量=67000m³
  • ・使用資材
    • エコアース
  • ・施工内容
    • 現場処理工程を想定した室内配合実験を実施。
    • 実施配合は、不溶化目標・強度を満足する添加量=10kg/m³を採用。
    • 管理型処分場への搬出にあたっては、1,000m³に1回の頻度で、溶出量および強度をチェックした。